室内で手軽に行える踏み台昇降ですが、裸足でやるのと靴を履いてやるのとどっちが良いのでしょうか?

結論から言うと「靴は履いたほうが良い」です。

この記事ではその理由と、どんな靴を選ぶべきかについてご説明します。また、靴を履かずに踏み台昇降をしたい方におすすめの方法もご紹介しています。

安全のために靴は履いたほうがよい

踏み台昇降運動は足の裏に大きな負担がかかります。使用する台の種類にもよりますが、硬いステップ台を使用する場合は特に足裏への負荷が大きくなり、はだしでは長時間続けることが難しくなります。また、汗をかいて滑りやすくなる危険性もあります。

もし万が一、足を踏み外してぶつけてしまった場合でも、靴を履いていたほうが安心ですよね。

手軽さが魅力の踏み台昇降とはいえ、やっぱり安全性も考えると、運動用の靴は用意したほうがよさそうです。

安全のためには靴を履きましょう。靴下でやるのも滑るので危険です!

どんな靴を選べばいい?

一般的な運動靴であればどんなものでも大丈夫です。室内でやることが前提になりますので、体育館シューズのようなものでもよいでしょう。

あくまでも安全な運動のために履くものなので、軽くて動きやすく滑りにくいものを選びましょう。言うまでもなく、硬い革靴やサンダル、ハイヒールなどはNGです。

本格的なエアロビクスの教室などでは、リーボックのアスレチックシューズが昔から定番として人気です。

Reebok F/S HI FITNESS FREE STYLE リーボック フリースタイル
リーボック(Reebok)はイギリスのスポーツブランド。1982年に発売された「フリースタイル」というシリーズが当時のエアロビクスブームとともに大ヒットしました。最近の80年代ファッションの流行で、今再び注目を集めています。

自宅でやる場合は人目を気にする必要もありませんので、自分が履きやすい、運動しやすいものが一番ですが、慣れてきたら運動靴にもこだわってみると楽しくなります。
お気に入りのシューズを手に入れたら、やる気もアップするかもしれませんね!

それでもやっぱり毎回靴を履くのはめんどくさい! もっと手軽にやりたい! という人は…

実はそんな方のために、はだしで使える室内専用の踏み台が発売されて話題となっています。

一体どんな踏み台なのでしょうか?

はだし用の踏み台とは?

株式会社ドリームが開発した「スリムルームステッパー」という踏み台が最近人気を集めています。

スリムルームステッパー

自宅で気軽にできる踏み台昇降とはいえ、市販されている踏み台(ステップ台)は、基本的にプラスチックで固くて大きくて、いかにも「スポーツ用品」という見た目をしています。「そのまま部屋に置いておくには、ちょっと存在感ありすぎて…」と悩む人もいるのではないでしょうか。

その点こちらのスリムルームステッパーは、「ルーム」と付いていることからもわかるように、自然に部屋に置いておけるような親しみやすいデザインが特徴です。

そして何と言っても、足裏ストレッチ効果のある柔らかい素材で作られており、はだしで使用することが前提となっているので、運動靴を用意する必要もありません。

まるで砂浜を歩いているような踏み心地で、リラックスしながら踏み台昇降が行えるようになっています。

また、踏み台以外にも、骨盤クッションや足枕としても使えるという嬉しさ!

色も3色あるので、好みにあわせて選ぶことができます。

スリムルームステッパー ワインレッド

踏み台昇降の「日常的に気軽に取り組める」という利点を最大限に活かした商品だと思います。おすすめ!

まとめ

以上、簡単にまとめると、本格的な踏み台(ステップ台)を使ってガッツリ本気で挑戦したいという人は、運動靴が必須です!

あくまで手軽さ重視で、日常生活の合間に気楽にやれる運動として踏み台昇降を始めたいという人には、はだしで使えるスリムルームステッパーがおすすめ。

ご自身の目的とライフスタイルにあわせて、選んでみて下さいね。

80年代ニューヨークのOLたちが通勤用のカジュアルスニーカーとして履いていたというリーボックのフリースタイル。時代をこえて人気のシューズです。